ガス鎔断とは

酸素と金属の酸化反応を利用して行う切断方法です。

鋼板を切断するには、まずプロパンのような可燃性ガスと酸素で800℃~1000℃まで鋼板の切り出し位置を加熱します。
そこに高圧酸素を吹き付けますと、鋼板表面の酸素が吹き付けられた箇所が酸化鉄となり1350℃で燃焼し始め、燃えた鋼は酸化鉄となって下に流れ出します。 それが加熱源となって下方の鋼にも燃焼がおこります。こうして鋼板の間に溝ができる訳です。
酸素とガスが出る所(火口)を動かすと、この燃焼反応が次々と進行して連続した溝になり切断が進行する仕組みです。
ガス鎔断は「化学反応」の連続であるということなのです。

ちなみに利用されている「ガス」はアセチレンやプロパン、天然ガスなど、家庭でも使われている気体です。