特殊異型鎔断工程

  • 1.最終形に近い形まで切断し、機械加工の工数を削減することができます。
  • 2.一体物で切断することにより溶接工数を削減でき、また、強度も上がります。
  • 3.1つから切断できるため、少数物の鋳物の代替品として利用できます。
    また、加工を失敗した時の再作材としても短納期で1つからお渡しできます。